債務整理ってどんな手続きをするの?

債務整理ってどんな手続きをするの?

債務整理は借金の額を減らしたり金利負担から解放される手続きのことです。
まだ多くの人が借金問題で悩んでいると言われています。債務整理にはいくつかの方法があるのですが、それぞれのメリットなどを見ていきましょう。

最初には、最近よく耳にする過払い金請求です。払いすぎた利息が戻ってくるというもの。
これは裁判所などを通さずに、司法書士や弁護士が消費者金融などと交渉します。周囲に知られることもありません。
しかもその情報はブラックリストに登録されることはありません。ただ、その消費者金融からは二度と借りられなくなる可能性が高くなります。

その次に考えることのできる方法は任意整理。これも司法書士や弁護士が消費者金融などと交渉します。
重い金利負担である将来利息はカットされます。任意整理も周囲に知られることもありません。
でも、この方法は5年程度ブラックリストに載ってしまいます。その間に借り入れやカード利用などができなくなるのがデメリットです。

これらは最初の段階で考えられる債務整理の方法です。負担が少ないものから紹介していきました。